直に感じる大切さ

この歳になり、

学ぶ事柄の奥深さや、

濃さをひしひしと感じている日々です。。。

 

制作の時間は、自分対自分。

手を動かしながら、

当初のイメージから違う事に心躍る瞬間、

ガラスを付け足す瞬間、

判断を自分に委ねて、

瞬間瞬間にいくつもの決断をします。

(多分、していると思うのですが・笑)

 

でも、こればかりしていると、

ある日プツリと、脱力してしまう時が来ます。

このサイクルを何度か繰り返しているうちに気が付きました。

 

 

そこには、「自分対他人」の時間が欠如、

または風化しつつある時に脱力し始めるのだと。

 

これ、非常に重要な事です。

 

人は、それぞれ”気”のようなものを持っているのだと思うんです。

その”気”は、

どんなにメールしようとも、

電話しようとも、

なかなか感じ取ることはできません。

直接会って、

対話をして、

話していくうちに、

パッとひらめくことがあったり、

思考や想いが共有できた瞬間を一緒に喜びあったり、

何気ない会話の中から、

ちょっとしたヒントを拾い上げてもらったりして…

そうして、人は想像以上の力を発揮していくものかと。

 

だから、

どんなにいろいろなツールが発達しても、

人は直接人と会って、

会話をして、

意識を共有して、

そうして、生活をしているのだなぁと。

 

今更ながら、そんな当たり前の事にハッとさせられています。

そして、世の中はこうやって動いて、変化しているのだなぁと。

 

 

そんななかでも、

相変わらず、植物の先端や、実の付け方に興味津津です…。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    AS (火曜日, 27 11月 2012 11:46)

    この世(人も含めて)を動かしているもの。

    自然、種子(遺伝子?)、業(意志?)、法(作り出されているもの?)、心。

    だそうです。


    地球は、自転していますが
    自転させている人(もの、神?)は
    いない。

    すべては、縁によりて生じ、
    縁によりて、滅する。

    かな?

  • #2

    kaco (火曜日, 27 11月 2012 15:18)

    ガラスを通して、
    ようやく世の中の、
    目には見えないけど変化している何かを
    感じられるようになってきたのかもしれません。

    縁も、目には見えないけど、
    人を介して繋がって行きますものね。

    縁により滅する?
    これは次回お会いした際にじっくり伺わせて頂ければと。